占い体験談

「占い師」を騙してみた!悪戯に気が付く?気が付かない?

 

【投稿者体験談】

「占い」について。
 基本私は「占い」を信じていません。

 何故なのか、理由を以下に記載します。
 通常、人が占い師にお金を払ってまで依頼をするのは、何か迷い事があったときです。
 恋人と別れるべきか?続けるべきか? 進学すべきか?就職すべきか? イベントを開催すべきか?中止すべきか?

 どれも基本は「GO」か「STAY」か? もしくはどちらに「GO」か、です。

 散々迷って占ってもらった。しかし、その結果が成功か失敗かなんて、誰にも分かりません。

 例えば道が左右に分かれていて、右に行ったら千円拾った。ラッキー! でも左に行ったら1億円拾っていたかも。
 また、左に行ったらつまづいて転んで痛かった。アンラッキー… でも、右に行ったら交通事故で重傷だったかも。

 じゃあどちらのケースも左に進むのが正解だった?とは言い切れません。
 1億円拾って、交番に届けて、多額のお礼を貰った。それで仕事する気無くして贅沢三昧。でもすぐにお金無くなって、仕事もなく、以前よりすさんだ生活に…
 交通事故にあって重傷。入院生活。そこで出会った美人で優しい看護師さんと恋に落ちて…

 なんていう風に、人生の選択は無限に枝分かれしていくうえに、選ばなかった方は体験できないため、正解か不正解かの判断は不可能なのです。

 なので、占ってもらった結果は、心の持ちようで、良かったか悪かったか変わります。
 そして結局のところ、占いの結果を信じて進むか?信じずに進むか?最終的に自分で選択しているのです。

 だからと言って、「占い」に価値がないとは思いません。
 
 何故なら、「占い師」の仕事は一つです。
 顧客との会話の中から、「この人は何て言ってもらいたいのか?」を見極めて、言ってあげる。
 つまり背中を押して上げることです。
 家族でも知人でもなく、第三者だからこそ効果的と言えるでしょう。

 それでは私が占いをしてもらった体験を書きます。
 そこはショッピングセンターの中のタロットでの占いコーナーでした。
 占い師さんはベテランと思える女性の方でした。
 内容は、片思い相手のがいて、結構親しくお話してくれる。このまま告白して大丈夫だろうか?というよくある話です。
 「告白した方が良い」という答えを期待していました。
 
 占い師さんは私とその相手のデータを色々聞いてきました。
 そして写真があれば見せてほしい、と言ってきました。
 
 そこで私は「嫌な奴」と思われるかもしれませんけど、ちょっといたずらを思いつきました。
 実際の片思いの相手(女子)ではなく、男性の知人の写真を見せたのです。
 カラオケボックスの中で、倒れている私を介抱している写真です。
 別の知人が撮影して、私に転送してきたものです。

 果たしてどんな反応してくれるか?

 占い師さん曰く、「エッ!?この方?顔は写ってないけど、雰囲気貴方に似てますね」

 「はっ?」と予想もしない回答にビックリ。
 どうやら倒れている私を片思いの相手の女子だと思ったみたいなんです…
 うつぶせに倒れているので、顔はハッキリと映ってないし、ピンクのトップスにめっちゃ短いショートパンツだったので、確かに女子に見えますけど…

 「でもなんでこの方倒れてるの?他に良い写真ないの?」と聞いてきたので、
 「実は彼女、突然死んだふりして周りを驚かすのが趣味で…そういう人なんだと分かって欲しくて」と、話合わせました。

 結果は「ちょっと変な人みたいだから気を付けた方が良い」でした。
 そうですね。この子には告白しません。だって自分ですから。

 

結局のところ、占い師さんは占う人を見て、その場の雰囲気を見ながら話しているだけです。こんな人を試すようなことをしている私を見抜けなかったのですから、占いが当たっているかどうかは正直微妙だと思いますよ。