コラム

3分で理解して今日からできる、金運アップの夢を見る方法

寝ている間に金運をあげることができる、うさん臭いし都合がいい話ですが、簡単にできるので方法だけ知っておいて下さい。

言うまでもなく、睡眠はすべての人が共通して行う人間に必要な行動ですし人生の1/3〜1/4を費やすわけですから、その時間を何か有効なことに利用できるのであれば、やらない理由はありません。何故かって、ただ寝てるだけなんですから。

それでは睡眠中に金運を上げる方法を3つのステップで説明していきます。

① 金運がアップする夢の種類
② 夢を見るための事前準備
③ 夢の内容を記録する

① 金運がアップする夢の種類

まずはどんな夢を見ると金運がアップするのか、その種類を説明していきます。

蛇(へび)が出てくる夢蛇の夢

蛇は神の使いで金運の象徴です。特にとぐろを巻いている蛇や白い蛇がでてくると現金が得られる前兆とされます。

血の夢

不吉なようですが、生命の源である血は金運に繋がります。大事なのは自らの血じゃないこと、流血量は多いほどよいとされます。

小魚の大群が泳いでいる夢

お金を連想させる丸に近い形の魚が大群で出てくると金運を招くと言われます。現実ではしない行動ですが赤いタイの群れを観ると最上級と言われています。

新幹線、飛行機の夢

事故がなく時間きっちりに目標に到達できる前兆とされ、金運だけでなく仕事運アップも示唆しています。

大雨の夢

急な雨に振られてずぶ濡れになると悪いつきものが流されて幸運が寄ってきます。ただし夢の中で不快な雨だった場合は金運を下げる場合があるのでギャンブルなどは避けましょう。

豪華な食事をしている夢

食事なくして人間hあ生きられません。こちらも富や生命を象徴するもので大好きなもの、豪華なもので量が多ければ多いほど比例して金運が上がります。

これらは代表的なものです。基本的に同じ形のものが大量に出てきたり、スピードの早い乗り物に乗ったりすると良いとされます。逆に気分は良いのですが、ふわふわと空をさまよっているような夢は良くないとされます。

② 夢を見るため事前準備

すべての人間は睡眠中に夢を見ています。たまに夢を見ないという人がいますが、それは憶えていないだけです。個人差や体調にもよりますが、よく夢を見る(見た夢を覚えている)ほうが、レム睡眠とノンレム睡眠のメリハリが効いていて『良い睡眠』であるとされます。
では、良い睡眠をとるための準備をしていきましょう。

① 食事は睡眠の2時間前までに済ませる
② 入浴後30分から1時間以内にベッドに入る
③ 必ずパジャマに着替え、素材はゆったした柔らかいものを選ぶ
④ 明かりは全て消す、月などの自然光は遮らなくてもOK
⑤ 必ず掛け布団やタオルケットを使う(真夏でも極薄モノもの使用しましょう)
⑥ Youtubeなどで見つかる入眠用BGMは有効ですが、必ず1時間程度で終わるものにして流しっぱなしにはしない
⑦ 夢を書き留めるため、スマホかメモ帳を手の届く場所に置いておく

全てやるのが理想ですが、家族がいる場合など事情があるので可能な範囲で準備して下さい。

③ 夢の内容を記録する

最も大切なのは『起きた時に見た夢を記録する』ことです。夢で見た内容はあなたの過去や現在に何らかの関係があるものです。理由は夢に突然全く知らない人や物が出てくることは生物学的にありえないからです。

そして、見た夢は金運だけでなくあなたの体調であったり、願望であったりに直結する大切なメッセージなので、できる限り記録しておくことが大切になります。

ここで重要なのが『起きたらすぐに見た夢についてメモを残す』習慣を付けることです。他の記憶と同じで睡眠中の出来事も古いものから消えていきます。例えば起床から1時間以内に見た夢は、その5時間前の寝はじめに見た夢よりも憶えています。夢の記憶はどんどん薄れていくので起きたらすぐにメモを残しましょう。

夢をメモする際のポイント

① 何でも良いので、憶えているキーワードは全て記録しておく
② 紙がスマホのメモ帳、以外に便利な録音アプリなど方法はなんでも良し
③ 後から読み返して夢がイメージできるように脈絡がなくても情報量は多いほうが良い

もう少し詳細に以下の情報が分かるとなお良いです。

・最も印象に残るモノ、動物、人物はなんであったか
・自分は何者でどんな行動をしていたか
・季節、朝昼晩などの時間に関する情報
・雨や晴れ、暑さ寒さなど起床に関する情報

こちらも全てとは言いませんが覚えている範囲で、毎日必ず記録するようにして下さい。

まずはどんな夢を見ていたのかわからないと、金運が上がる前兆があったのかさえ分かりません。毎日メモを見返すことで冒頭で述べた金運が上がる夢にピッタリとまではいかなくても、近しい内容や良い感情をもっていた、などからバイオリズムの上げ下げが分かるようになってきます。

また、どうしても自分だけでは分析できない場合でも、メモさえあれば詳しい人に聞くこともできますよ。

まずは、2週間でいいので試してみて下さい。日記のような良い記録となりきっと楽しみが増えることになります。

質問などあればお気軽にメッセージをお送り下さい。
最後までお付き合いくださりありがとうございました。