コラム

【5分解説】今日からスグ初められる色を使った金運アップ術

身につけているモノの色で色であなたの印象は劇的に変わります。

さらに人間の脳はその印象を単に明るいとかキレイといった感覚的なものではなく『信頼のおけそうな人だな』『優しそうで子供が好きそうだな』といった様に具体的な人物像として認識しています。

分かりやすく例を挙げてみますと、日本の皇族やヨーロッパの貴族は式典などで紫色を身にまとったり、会場で使われるインテリアにも紫が使われることが多いです。これは私たちの脳が紫を伝統があって高貴なもの認識するのであえてこの色が使われており、皇族の方々や式典自体の格式を高めるために選ばれているのです。

また、アメリカの歴代大統領が重要な演説をする際に赤いネクタイを締めているのは有名ですが、これも赤が身につけている人をパワフルで信頼感のおける人だと印象づけ言葉に重みを持たせるための演出です。

この様に、普段ファッションの一部くらいに思っていることが多い色ですが、使い方によってあなたを際立たせる非常に有効なツールとなり、仕事や恋愛などここぞ!という場面で適切な色を上手に使うことで、成功への道が格段に開けてきます。

今回は服やアクセサリーそしてインテリアなどでよく使われる『7つの色』について、それぞれが見る人に与える印象をご紹介しますので、是非ご一読の上でお役立てください。

あなたの印象を変え成功につながる7つの色たち

生命力と決断力
火、血や命など強力な生をイメージさせ、気持ちを前向きにさせる効果があり、決断や表現力がアップするので信頼感を醸成して説得力が飛躍的に向上します。ここぞという場面で視線が集まる手首または首元につけてください。

金運と幸福感
眩しいくらい明るく、幸運で、希望に満ちているので見る人に華やかな印象をあたえるので、その場の中心になれる効果があります。パーテイーや飲み会など大人数の中で存在感を示したいときに最適です。

オレンジ

新しい事への挑戦
赤の決断や、黄色の幸運の混じった色で、陽気で明るい気持ちを元気にし、何かを新しく始める時に効果があります。初対面の人と合うときには明朗は雰囲気で接しやすい印象を与えてくれるこの色をオススメします。

安らぎや健康・安全
地球や自然を想像させ癒しと安らぎを与えます。上でも下でも年齢の離れた相手に好印象を与えたいときに使うと有効です。取引先の社長さんや恋人の親に挨拶をするときなどに活用すると失敗がなくなります。

勝負運や冷静な判断
持ち明るい色調は勝負運や、判断力をアップさせ仕事などの『勝負時』に身につけると良く、濃い青は冷静や、安らかな眠りの象徴なので相手の緊張を解きほぐす効果があるので、交渉ごとの場で身につけると円滑にすすめることができます。

気品に満ちた神秘的の象徴
日本では古来から、品性と神秘を表し貴族の衣装や寺社の内装に利用されている色です。上品な印象を与えるので年齢以上の落ち着きや大人っぽさを演出したい時、高額な買い物や取引の際に離れしたイメージを与えたいときに使用すると吉。

ピンク

恋愛と人間関係
柔らかさと甘美な雰囲気を醸し出したい際に最適です。人間関係を密接に高めたり、逆に関係を改善したい時に身につけることで願いが成就します。目立つ色なのであくまでワンポイントで使うようにするのが良いでしょう。

最後に1つだけ憶えていおいていただきたいのが、一度に沢山の色を使わない、ということです。子供の頃に絵の具を使ったことがあると思いますが、色は混ぜれば混ざるほど黒に近づいていき、本来の色を失っていきます。これと同じで4色以上を同時に身に着けるとただカラフルなだけで色がもつ効果が発揮されません。

色を使う場合は必ず3色以内に抑えるようにして、効果を最大化するように心がけてください。

あとは、自由に色使いを楽しんで頂ければと思います。

質問などあればお気軽にメッセージをお送り下さい。

最後までお付き合いくださりありがとうございました。